はてなブックマーク - はじめに ―このブログについて― 2005年04月01日

はじめに ―このブログについて―

2004年9月18日。息子は生まれました。

妻の妊娠がわかり、出産を経て、今日に至るまで漠然と思い続けてきたことがあります。

女性は
妊娠してその「おなか」に命を宿し、
出産後は「胸」から乳を出し、
子どもに自らのエネルギーの一部を分け与える。

そう、好む好まざるに関わらず、
女性(母親)はいつも子どもと正面から向かい合っているのです。

対して、父親となる男性はどうでしょう。
残念ながら、女性のように自分の「おなか」を痛めて子どもを産むことも、
自分の「胸」から乳を出してやることもできません。

そればかりか、一昔前までは
「子どもは父親の背中を見て育つ」という言葉が象徴するとおり、
父親は子供に背を向け、主に家の外での“いきざま”や“存在感”をもって
間接的に子供を導くことができればそれでよし、
とする考えがひとつの美学ですらあったように思えます。

このエントリを書いている2005年4月1日より、
私は育児休業を取得します。

これは決して、自分が母親の代わりになろうとしているのではありません。
また、「子供は父親の背中を見て育つ」という言い伝えを真っ向から否定するのとも違います。
(ときには、向き合ったコミュニケーションよりも背中で物語ったほうが良いときもあるでしょうから)

母親と違って父親は「背中」と「おなか」のどちらを
子供に向けるのかを自分の意志で選択することができます。

であるならば、長いサラリーマン人生における少しだけの期間、
子供に対して全面的に「おなか」を向ける時間に充てても良いのではないか、
というのが私の持論であり、今回育児休業を取得するにいたった背景なのです。

もちろん、休業取得にあたっては
・職場の環境が許してくれたこと
・私の休業中には妻が収入を得てきてくれること
なども欠かすことはできない要因でした。

自分の恵まれた環境を再確認すると同時に、
わがままを通してくれた周りのすべての方々へのささやかな「おかえし」として、
育児休業を取得した男性サラリーマンの生態をここに綴りたいと考えています。

2005.4.1
knockout


posted by みやもと かずよし at 14:37 | Comment(4) | TrackBack(2) | はじめに -このブログについて- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンセプトが面白いですね。
僕も二児の父、がんばってます。
いろいろ情報交換しましょう。
Posted by snowman at 2005年04月12日 21:56
>snowmanさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
お子さんがお二人とはベテランパパさんですね。
こちらはまだまだひよっこです。snowmanさんのブログを見て勉強させていただきます。

コンセプト負けしないように、コンテンツ(記事)も充実させていこうと思いますので、
これからも是非お立ち寄りください。
Posted by knockout at 2005年04月12日 23:54
初めまして、コメントさせていただきます。
私の周りに育児休暇を取っている知り合いがいないもので、
興味深く拝見させていただきました。

まだ少しだけですけど、これからチョクチョク
遊びに来ます。宜しくお願いいたします。

私は2歳半になる娘と、今月に息子(予定)が産まれる予定なので
記事を読みながら昔の娘を思い出すと共に
今度産まれるこの為に、抱っこの仕方や風呂の入れ方を思い出しています。

ではまたコメントさせていただきます。
今後の記事も楽しみにしています。
Posted by jakoby at 2005年07月15日 17:13
> jalobyさん

今月二人目が誕生されるのですね!
それはそれはおめでとうございます。

オンナノコとオトコノコ、両方育てられるって
うらやましいです。

私もjalobyさんのブログを拝見させていただきますので、
ぜひ娘と息子の違いなんかを載せてくださいね!

安産をお祈りしています!
Posted by knockout at 2005年07月16日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2725004
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

私が子供を産めたわけ - 日経スペシャル ガイアの夜明け
Excerpt: 今週の日経スペシャル ガイアの夜明けのタイトルは「私が子供を産めたわけ」だった。...
Weblog: 賢者の贈り物
Tracked: 2005-05-18 12:30

仕事と家事・育児のどちらを優先したいか!?
Excerpt: 会社の先輩で子供が小さい頃残業続きで、土日に子供と接しても人見知りして近づかないなんて話を聞きました。ある意味悲劇ですよね。 今や男性も育児休暇を取れるように制度化はされているけど、 実態は・・・0..
Weblog: パパになります!!! カオル×Blog
Tracked: 2005-07-07 02:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。