はてなブックマーク - 中間子(真ん中っ子)を育てる難しさ 2011年03月03日

中間子(真ん中っ子)を育てる難しさ

DSC01527


先日、次男の頭のてっぺんに白髪を1本見つけました。

長男とムスメの間にはさまれて、
自由奔放にわがまま言い散らかしているように見える次男も
ストレスや不満を感じているのかもしれないと、ふと考えました。


以前、元幼稚園教諭をされていた方から、
「真ん中っ子はさみしがり屋になりがちだ」という話を聞きました。
親の注目を浴びているという実感が乏しいのが理由じゃないかと考えたものです。

似たような話は実母や義母からも聞かされたことがあります。
赤ちゃんができた直後は、赤ちゃんばかりに気がいきがちだけれども、
上の子、とりわけ真ん中の子のフォローこそが大切だと。

実際、赤ちゃんは寝てばかりだし、本人もまだ親との関わりを記憶していないでしょうから、
すでに物心ついている上の子たちに孤独感や疎外感を感じさせぬよう
意識的に手や目をかけることは大切でしょう。

長男の場合は、次男が誕生するときに一度、親の注目が離れていく経験をしていて、
それを乗り越えて今があるわけですが、次男にとっては初めての体験。
なのに、考えてみれば、親である私自身、次男の相手を長男に任せてしまいがちでした。



中間子の人の声を聞いて

こうした悩みを抱えている人は多いのでは?と考え、
インターネットで検索をしてみたのですが収穫はあまり多くありませんでした。
少子化傾向にある現代では、中間子(真ん中っ子)そのものが
すでにレアな存在になっているのかもしれません。

行き当たったいくつかの検索結果のうち、ビビっときたものをひとつご紹介します。
Yahoo!知恵袋のある質問へのベストアンサーに選ばれた回答です。

私も中間子です。
他人にかわいそうと言われたことはなかったですが、私自身がそう思ってました。

一番上は何でも目新しく、お下がりも来ないし親から見ても優先されていました。
本人も「自分が一番大事にされてる」と思ってたし、そう言ってました。

一番下は、何でも許してもらえる存在で、末っ子の特徴である「要領が良くてあまえんぼ」も兼ね備えていましたので、とにかく親は甘かったです。ちょっとした悪さをしても、もう上の二人で慣れてしまってる親は大したお咎めもなく。。かわいがられて育ってました。

だいたい、兄弟3人に何か一つ物を貰った時、それが上の子対象のものなら一番上に、下の子対象のものなら一番下にいってました。こういうことが日常だったんです。もちろん親は平等にしてるつもりだそうですが、一番かまってもらえなかったといまだに私はひねくれています(←これが生涯に渡っての人格形成につながっています)。真ん中は「変わり者」というご意見も多数あるようです。何故変わり者になってしまうのかと思うと、私はとても納得できます。

質問者さんは、真ん中のお子さんのことを気にかけてあげてて、私から見ればすごく良いお母さんです。ほっとくと真ん中のお子さんはひねくれてしまうと思いますので、常に気を気張ってあげて欲しいです。

普段見落とされがちな、真ん中ちゃんの良さを認めてあげて下さい。
真ん中ちゃんを、上の子と一緒に扱ったり、下の子と一緒に扱ったりしないで、
その子だけを見ていて下さい。


何だか自分の子どもの頃を思い出し、熱くなってしまいました^^;


思いあたるフシがありすぎて困ってしまいます。

長男の習い事やイベントがあるときには、ムスメと一緒の「下の子組」として
大人しく待っていることを求め、逆に、ムスメの生活リズムにひっぱられるときには、
長男とともに「上の子組」として、子ども同士で時間をつぶすことを求めている現状。

結果として、次男ひとりにスポットライトがあたる機会は少なくなっています。


兄弟構成による性格の特徴

血液型による性格診断なんかはまったく信じていないクチですが、
兄弟構成や生まれた順番などは性格や行動スタイル特徴づけるのだろうと感じています。

日本テレビの情報番組で特集が組まれたことがあるらしく、
そのサイトを見ると、中間子の特徴は下記のとおりでした。

▼「中間子」の特徴的な性格
・協調性に飛んでいる
・熱しやすく冷めやすい
・放浪癖がある
・よく考えないうちに物事を始める
・気に入らないことがあると黙り込む

理由
上下にはさまれて育つため、集団の中での協調性に富んだ性格になりやすい。

兄弟、特に兄や姉に対するライバル心に乏しく物事に執着しない。
多芸多才なタイプが多い。
上下に親の愛情や期待が分散されるので甘えん坊か、もしくは逆に独立心の強い人になる傾向もある。


甘えん坊か、もしくは逆に独立心の強い人になる傾向もある
という部分に、非常に納得しました。

実際に次男の行動を観察していると、
強く甘えてくる瞬間とひとりで物事を進めたがる瞬間が交互にやってくるのです。
2歳で自我が強くなる時期ということもありますが、同じ時期の長男と比較しても
「甘え」と「独立」のギャップが大きいように感じます。


難しい距離感

次男のさみしさを解消すべく、
ここ最近は次男と向き合う時間を多くとろうと心がけています。

長男が幼稚園に行っている午前中、ムスメが午睡に入ったときを見計らって
家のおもちゃで一緒に遊んだり、公園に連れだしたり。
しかし、残念ながら、結果は芳しくありません。

家遊びをしようにもすぐにDVDを見たいと言い出すし、
外に連れ出しても「早くおうちに帰ろう」を連発。
なんだかいつもテンション低く不機嫌で、思ったような成果は得られていません。

ところが、長男が帰ってくると急にテンションがあがって
ケンカしながら仲良く戯れるから不思議なものです。
また、年齢の近い子どもたちが遊んでいる様子を遠巻きに、
しかし羨ましそうに、眺めていることもあります。

もしかすると、親と直接遊ぶこと以上に、
兄弟や年齢の近い子どもとの遊びを求める時期にきているのかもしれません。

子ども同士で楽しみながら、
ちょっとさみしくなったり、不安になったりしたときに後ろを振り返る。
その際、ちゃんと自分を見ていてくれる親の視線があるかどうか。
お兄ちゃんや妹ばかり見ていないか。携帯電話を見続けていないか。
そんな“近すぎず遠すぎずの絶妙な距離感”を求められているように思えてなりません。


上手に距離を保ち安心感を与えてあげることで、
中間子の特徴であるという「協調性」や「多芸多才」を伸ばすことに
最大のエネルギーをさけるようになってほしい。そう願っています。


Related Posts with Thumbnails

■父親からのお願い■

「父親のおなか」の記事をご覧になって共感していただけましたら、ぜひまた読みにきてください。たくさん読んでいただけると、子育てでグッタリの日でもブログを更新しよう!とヤル気が出ます。TwitterFacebookページでも更新情報をお知らせしています。

この記事への評価・フィードバック

【次男のことの最新記事】
posted by みやもと かずよし at 15:16 | Comment(16) | TrackBack(0) | 次男のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
実父が中間子です。
まさに、期待をかけられた長男と、自由におおらかに育てられた末っ子、というのは伯父たちを見るとハッキリ分かりますw

そんな中娘からの父親に対しての評価は『誰にも頼らず、心配事も起こさず、いつも冷静で、何事もあまり苦にせず、そして適当(いい意味でw)で、バランスの取れた人』と思っています!お父さん大好き!
あ、ただのファザコンでしたね。すみません!

現在の父親の職業は土木技師。大学進学を考える際に兄と同じ教職に就こうと考えていたそうですが、父親に相談したところ『土木建築関係が向いているんではないか』とアドバイスを受け、『最初は驚いたけど、結果として土木関係が合ってたんだよな〜』と話していたのを聞いたことがあります。
やはり例に漏れず、両親からはだいぶ放っておかれたようではありますが、大事なときに自分をよく見ていてくれた親の存在を実感できたんだな〜と子供ながらに聞いていて思いました。

ん?そういえば夫も姉妹がいる中間子ですね(^^;)
まだ次男くんの行動に似てる所が多いような…?
みやもとさんの次男くんとの関わり方を参考にしながら、更にいい関係を築けるように努力します!!w
Posted by hoshiei at 2011年03月03日 23:02
> hoshieiさん

コメントありがとうございます。

やはり「大事なときに自分をよく見ていてくれた親の存在」であることが大切なのでしょうね。

放っておかれると書くと悪い面のように見て取れますが、裏を返せば、その人本来の持つ個性を存分に発揮できる境遇にあるとも言えると思います。

次男がすくすくと個性を伸ばしていけるよう、近すぎず遠すぎずの位置から成長を見守りたいと思っています。

hoshieiさんも旦那さんとの関係がさらに良いものとなりますよう!
Posted by みやもとかずよし at 2011年03月04日 01:06
私、まさに中間子です。
兄は2つ上、弟は6つ下。
兄と弟に挟まれた一人娘なはずなのに
自由奔放、独立心の強い子に育ちました。


弟は一人っ子の様なもんです。
兄は出来が悪かったため、両親の期待は私にのしかかり。

「中間子の特徴的な性格」って、そのまんまで
ちょっと笑えましたよ。


私が今、思うのはやっぱり
「必要な時に、側に居てくれなかったこと」でしょうか。
優先順位が低いので、期待かけられて、期待に応えると
「この子はほっといても大丈夫」的な見解になるのでしょうね。
でも、やっぱり注目して欲しかったです。
いっぱい褒めてあげることだと思います。

子育てって難しいですね。
Posted by さわ at 2011年03月06日 21:01
私は3姉妹の真ん中です。ブログを読んで涙が出るのはなぜでしょう。
どうぞ二男君の話を聞いてあげて下さい。
ただ話しを聞いて二男君の気持ちに寄り添ってあげて欲しいです。

自分は理解されてないと思い続けて育った私は独立精神が大きいタイプでとっとと結婚して幸せに暮らしてます。
実家と仲悪くはないですよけど(笑)

Posted by m&m at 2011年03月09日 22:45
> さわさん

コメントありがとうございます。
本当に子育ては悩み始めるときりがありませんね。

一番下が生まれて以来、ついつい真ん中は
「この子はほっといても大丈夫」
「おにいちゃんと一緒なら大丈夫」
となってしまいがちです。

ずっと一緒に遊んであげることや
まなざしを向けてあげることは現実的に不可能なので
1対1で向き合ってあげられる時間を大切に、
良いところに着目して褒めてあげたいと思います。


> m&mさん

コメントありがとうございます。

子どもたちが寝入った後、今日も次男と(あるいは長男・ムスメとも)
十分に向き合ってあげられたかなと反省する日々です。

この記事に書いたことをいつもいつでも頭の片隅に
残しておけるくらいの余裕をもって子育てにのぞみたいと思います。
Posted by みやもとかずよし at 2011年03月10日 17:48
はじめまして。
大変興味深く拝見させて頂きました。

長女の私自身はまだ子育て未経験ですが、
実母が・・・・・4人兄弟の中間子でして
女性ということもあり「らしさ」に拍車がかかっています。

正直手を焼いている状態なのですが、
この日記を読んで少しだけ分かった気がします・・。

4人の子育てに追われていた両親に、
もう少し甘えたかったのでしょうか。
母親自身がその想いと向き合って、
消化してくれたら娘としてはこれ幸いですが
それも母からしたら
他人の勝手な解釈で二次被害になるのでしょうか!?笑


ちなみに長女の私、普段は厳しく箱入りに育てられてますが
言いなりになりたくない思いで進路だけは自分で決めてきました。

反対に弟は散々ワガママ&反抗してきたのに、
なぜか進路は親の望み通りに進んで仕事は父と同じ企業へ(笑)
これは生まれ順ではなく性別の問題でしょうかね?

子どもが人生の分かれ道に立った時、ふと親の姿を思い浮かべる…
子育て中は分からない、幸せかもしれません。
Posted by わぴこ at 2011年04月14日 15:25
長男(姉・本人・弟)は明るく、男女誰とでも仲良く付き合える社交的な子。

私はそんな長男が大好きなのですが。。。


長男には「あんたなんか嫌い」「あんたは面倒くさい」を連呼のひどい母親です。

長男は叱られたくなくて嘘をつく、親が見ていないとルールを破ってしまう。→子供なら普通ですよね。

でも、3姉妹の長女である私はこんな事、許せない。


長男にどう接すればいいか毎日思案中です。
Posted by 中二の長男 at 2011年07月05日 09:29
まさに私のことか、と思う内容です。

私、男男女の次男です。
兄は物資に恵まれおおらかな性格。
妹は待望の末娘で、物資に恵まれたワガママ&甘え上手。
父兄は妹には徹底的に甘く、母は兄に大甘です。

私は弟だから我慢しなさい、といわれた5分後には兄だから妹に譲れと言われ
物資は何一つ自分のものを持てませんでした。
兄・妹は私が一歩ゆずるのが当たり前の感覚で育っているので全く理解がない。
兄妹どちらと揉めても、親の言い分は上記のように弟・兄を使い分けられ必ず私が怒られる。

私の立場は状況によって変化し、常に分が悪いほう。
これは子供ながらに親に不信感持ちましたし、生まれの不条理を呪いましたね。

どうか、次男さまを気にかけてあげてください。
それこそ長男と末っ子さまの3倍くらい贔屓するくらいでいいのです。
真ん中の次男というのは、生まれながらの中間管理職です。
それを生涯変えることが出来ないのです。
Posted by 弟・兄の兼務 at 2012年06月01日 12:56
私も中間子なのでさびしい気持ち分かりますなあ^^;
親から誉められたり抱きしめられたい欲求がいまだにありますねぇ
子供の頃の思い出で一番嬉しかったのは親を独占して一緒に昼寝した事です

子供の頃は上からも下からも遊びにつきあわされて疲れる事が多かった気がします
だから次男くんがDVD好きな気持ち分かりますなあ
私も1人でいる時はお絵かきやビデオ鑑賞みたいな遊びが好きでしたから

かといって集団が嫌いな訳ではなく
兄弟・家族が大好きで友達も大好きで
皆で食事したり親戚が集まったり運動会とか学芸会とか行事が好きでしたねぇ
Posted by かな at 2012年10月02日 00:56
三姉妹の真ん中の者です。私が子供の頃を思い返すと、いつも親+プラス姉妹がいて、それまであまり構ってこなかった親が、そうやって構えていきなり仲良くしようとするのが、情けをかけられているみたいで嫌でした。小さいなりに子供は親の気持ちを感じるものです。
して欲しかったことは、そういう回りくどいことじゃなく、単純にストレートにお前は可愛い、いい子だと口に出して誉めてくれることでした。
あと、姉だからといって押し付けるのと同じくらい、甘える一番下には貴方は妹なんだから姉達をを敬いなさいということを、しっかりと言って欲しかった。また年も近く常に三人まとめてだったので、姉に甘えたいのに妹がいて甘えられない、妹の顔をしつつ姉の顔をする事も嫌でよく癇癪をおこしていました。
大人になった今は、不器用ながらに形は違えど三人大切に育てられたと思っていますし、仲も良いです。
ただ、今でも自分は親に甘やかされなかった姉には姉として尊敬し自分のできる範囲で協力し、我が儘すぎて未だに親が手を焼く妹は親より厳しくしています。親は今ごろ妹をあまやかしたのをこうかいしてるみたいです笑
Posted by 7 at 2012年12月14日 16:39
遘√�ッ蟋牙ァ臥ァ∝シ溘�ョ荳牙・ウ縺ァ縺吶�
蝗帑ココ逶ョ縺ォ縺励※髟キ逕キ縺檎肇縺セ繧後◆繧ゅ�ョ縺ァ縺吶�ョ縺ァ縲√◎繧翫c縺ゅb縺�縲∬ヲェ縺ッ鬯シ縺ョ繧医≧縺ォ縺九o縺�縺後k險ウ縺ァ縺吶�
遘∬�ェ霄ォ縺ッ縲√◆縺カ繧捺�帶ュ荳崎カウ縺ァ縺励g縺�縺ュ縲り�ェ蛻�繧剃サ紋ココ縺ィ蜷瑚ヲ悶@縺ヲ閠�縺医※縺励∪縺�蛯セ蜷代↓縺ゅj縺セ縺吶ゅb縺。繧阪s蜻ィ繧翫°繧峨�ッ縲√悟、峨o繧願�縲肴桶縺�縺輔l縺ェ縺九▲縺滉コ九′縺ェ縺�縺上i縺�縲�
迢ャ遶句ソ�縺ッ繝。繝�繧ュ縺ァ縺吶ゅ⊇繧薙→縺ッ逕倥∴縺溘¥縺ヲ隱阪a縺ヲ繧ゅi縺�縺溘¥縺ヲ菴輔′縺ゅ▲縺ヲ繧よ�帶ュ繧定�ェ蛻�縺ォ豕ィ縺�縺ァ縺サ縺励¥縺ヲ縲√〒繧ゅ◎繧後′蜿カ繧上↑縺�縺九i縲∬セ帙>縺九i迢ャ遶九○縺悶k繧貞セ励↑縺�縺ィ縺�縺�諢溘§縺ァ縺励◆縲�

荳ュ髢灘ュ舌√d繧翫☆縺弱°縺ェ縲√→縺�縺�縺上i縺�縺九o縺�縺後▲縺ヲ縺ゅ£縺ヲ縺上□縺輔>縲�
隕ェ縺ョ諢帶ュ繧貞女縺代l縺ェ縺九▲縺溷ュ、迢ャ縺ッ縲√★縺」縺ィ縺、縺阪∪縺ィ縺�縺セ縺吶�
Posted by 縺ィ縺翫j縺吶′繧 at 2013年01月01日 04:02
初めまして。
大学3年生で、姉と弟がいる真ん中っ子です。

弟が障害を持っているので一般的な真ん中っ子とは違うかましれませんが...
それに筆者さんのお子さんは、今から気にかけてもらえているのできっと私みたいにひねくれたかわいくない人にはならないと思います!

真ん中っ子は周りをよく見ているので
場の空気や人の気持ちを考えて行動してしまいます。
(例えば、赤い服と青い服があって兄弟で選んでね、という状況で、自分が欲しい色をもらうより、兄弟が欲しい色をもらって喜んでるのを見る方が、嬉しいんです。)
でも、小さい頃からやってるので苦には感じません。
どちらかと言うと
空気の読めない人や人の気持ちを考えられない人に
「何でそんなこともできないの?」
とイライラしてしまいます。
そのため、仲間との時間も大切にしますが一人が楽です。

中途半端な立ち位置なので
褒められるっことにも頼ることにも慣れていません。
どちらも“嬉しい”よりも“恥ずかしい”が勝ってしまいます。
頑張ったことも悩みとか弱いところも主張できないことがあるので
気づいて声をかけてあげてください。


他に、お子さんに気にかけて上げて欲しいことは
体調が悪い時に自分から伝えられないことです。
迷惑だと思って隠してしまうことが多いです。


すべての兄弟が同じではないと思いますが
少しでも参考になれば嬉しいです。

文章能力が低くて理解しづらいところや失礼なところがあったらすいません。
Posted by ゆり at 2013年06月09日 11:46
こんばんは
拝見させていただきました
わたしも中間子で四つ離れている兄と弟がいます

最近また、この家族が辛くなってきて兄弟構成について調べてみたらこのブログを発見しました

母からは正直相手にもされないので何も期待はしていません
ですが父は私を見ていてくれているし立場も分かってくれているし話も聞いてくれて私はきっと父がいなかったらこの家に入れなかったと思います

ぜひ中間子次男さんのことを考えてあげて下さい
子供は大人が思うよりよく大人を見ているし考えていますお願いです甘やかしてあげて下さい
Posted by せん at 2013年09月16日 23:24
初めまして。

突然のコメントすみません。
この記事を読ませていただいて、わたしも真ん中っ子として成人した今でも悩み続けているのでコメントしてしまいました。

わたしは兄と弟がいます。
母からは、あんたは1番手がかからなかったと言われました。
でもわたしにとっては、なんでわたしは生まれてきたのか、わたしは必要なのか、そんなことを悩みながら思春期を過ごしました。
真ん中っ子は我慢して、ストレスを抱えています。
愛されないと悩んでいます。
ぜひ、目を離さないでいてあげてください。
Posted by やまま at 2014年03月04日 07:41
私も真ん中っ子ですが、次男の気持ちよくわかります。
次男の子の行動が気まぐれでコロコロ変わるのは、あなたとの遊びに不満があるのではないてましょうか
もしくは(いつも遊んでくれないのに、こんな少しの時間でご機嫌とりなんてされても)とひねくれているのでは?
Posted by at 2017年02月03日 20:41
はじめまして

私がちょうど、次男さんと同じ立場、兄・自分(男)・妹で育ちました。

中間子の性格は上下が兄・妹で大きく変わると思いますが、このスレのパターンの次男さんは結構しんどいと思います。

兄と喧嘩をすると、男の子同士だからと仲裁がぞんざいな感じで割り切れない思いがありました。

妹と喧嘩をすると、女の子なので手を挙げるような喧嘩は理由の如何に関わらず自分が叱られました。

兄と妹は年が比較的離れているので、直接喧嘩をすることが少なかったです。

兄と妹は新品でしたが、私は兄のお古が普通でした。

親としても無意識に男の子同士の喧嘩だから多少はしょうがない・・・

次男と妹との喧嘩では、将来女性に手を上げるような人間にはなってほしくない・・・というくらいの思いで無意識に次男さんに厳しく・・・

といったパターンで、次男さんはきっと理不尽な思いをお持ちでしょう。

将来、思いやりや協調性はあっても神経質で孤独を好む性格になるかもです(笑)。
とにかく、マイワールドを作りたがる人間になるのでは。

良い点は、間違いなく独立心に富む人間になることです。

今、大人になって親に言われるのは

「お前には何もしてやらなかった」

です。

ひがむというのはほとんど無く最初から諦めている感じで、依存心、甘えたいという気持ちが乏しくなりました。
この点は他の兄弟構成の中間子と違うかもしれません。

そういう意味で親御さんにとって、何か物足りない子に育つかもですね。

多分、気を使っているよ、ちゃんと見守っているよ、勝手をやってもいいけど安全基地になってあげるよ、という信号を常に発してあげていれば、男の子同士の喧嘩だから放置とか、妹との喧嘩は控えな目にという次男さんのジレンマを見逃していてもOKだと思います。

積極的に時間を作って遊んであげなくても大丈夫だと思います。
マイワールドを築き始めて、好ましいものだったら援助してあげてください。
大成するかもしれません。
Posted by もと at 2017年02月18日 03:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188714057
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。